2011年12月15日木曜日

基本設計のスケジュール

建物の設計は、大きく言って、2つの段階に分かれます。基本設計と実施設計です。
基本設計というのは、設計のための条件を把握・整理し、その条件に見合った案をつくることです。建物の骨格にあたるところがここでフィックスされます。
実施設計というのは、基本設計に基づいて細部の詰めを進めることと、その建物を実際に建てるために施工者にその内容を指定するの専門的図書(図面や書類)を作成することです。

ところで、
<三次市民ホール>は、来年9月いっぱいで実施設計完了、ということになっています。逆算すると、遅くとも来年3月末には基本設計をまとめなければなりません。ほんとなら、せめて半年くらいは、市民の皆さんと、ああでもない、こうでもない、と案をいろいろ揉んで、それから後に、基本設計をはじめたいところです。が、その余裕がまったくないのです。

2011年12月:基本設計のための条件整理
2012年01月:基本設計素案づくり
2012年02月:基本設計案の収束
2012年03月:基本設計案の調整と実施設計に向けての整理

現実的に考えると、これが、基本設計をまとめるまでのスケジュールなのです。
こう書いてみて、改めてそのタイトさを実感します。